譲渡の流れと譲渡費用

条件

条件は決して難しいものではありません。

それは、最期の時まで幸せにすることです。

これまで頑張ってきた保護犬たちが

より良い環境で幸せに暮らせることが何よりも大切です。

また、一人暮らしの方、先住犬がいる方やお子様がいる方などの制限はありません。

譲渡の流れ

事前に日程調整を行い面会の日程を決めます。

*当日の面会希望は、基本的に受付していないのですが、

稀に空きがあり対応可能な場合もありますので、

ご連絡。

当施設へお越し頂き、相性の確認、飼育環境の確認をさせて頂きます。

里親を希望される場合、約2週間のトライアル期間があります。実際にお家に連れて帰り相性の確認をして頂きます。

☀️2週間後☀️

トライアル期間終了時、スタッフが現地確認を行います。そこで、環境が整っていないなど判断した場合、一度当施設で環境が整うまで引き取ります。環境が整い次第、譲渡という流れになります。

譲渡費用

病院費用(マイクロチップ、血液検査、心臓の鼓動チェック、フィラリア検査、ヘルニア検査.その他約10項目)15,000円*仔犬の場合20,000円
ワクチン代 1回5,500円
フード代10,000円(その子にあったフードを提供しているため費用がかかります。また、譲渡時に使っていたフードの提供も行っています。)
ブリーダー様から保護をする時に、地方まで行くので高速代やガソリン代がかかります。
高速代で約15,000円(保護は一度きりでない為ご理解ください)
ガソリンで約5,000円(上と同様の理由)

合計50,000円

2021年11月22日からペット保険の加入が必須になります。